マンガ

  1. 城平京&片瀬茶柴『虚構推理』に傑作の予感。

     城平京&片瀬茶柴『虚構推理』の最新刊を読みました。 「恋愛×伝奇×推理」という謳い文句の通り、ちょっと類例がないであろうジャンルの一作です。 主人公は…

  2. タスクオーナ『Fate/stay night』、背徳の桜ルートが始まる。

     タスクオーナ『Fate/stay night (Heaven's Feel) 』最新刊読了。 既に発売から十数年を経るロングヒットコンテンツ『Fate』の…

  3. きづきあきら&サトウナンキ『奈落の羊』の暗闇。

     物語は暗やみから始まる。 都市の片隅の暗がりでからだを売る女と、買う男。 女は薄汚れた身なりで、言葉も満足にしゃべることができないように見える。 …

  4. レズビアン妊娠活動漫画『ゆりにん』を読んでみた。

     ども。最近、料理に凝っている海燕です。 凝っているとはいってもちろん家庭料理のレベル、それも初心者に毛が生えた程度の腕前ですけれど、日々、何を作ろうかなあ…

  5. 森薫『乙嫁語り』第8巻感想。

     ども。色々気力が衰えてきている今日この頃ですが、さすがに三十代半ばにして廃人になるわけも行かないので頑張ります。 さて、森薫『乙嫁語り』最新刊を読みました…

  6. 秋★枝『煩悩寺』レビュー。「あまあまラブコメの秀作」。

     秋★枝『煩悩寺』全三巻を読了しました。いやー、最近あんまり読んだ記憶がない良質のあまあまラブコメディで、これは実にすばらしいですね! 最初から最後まで、波…

  7. 『グラゼニ』感想。「才能をお金に変える努力は正しい。」

     プロ野球漫画『グラゼニ』でメジャーリーグが視野に入って来ました。面白いです。 タイトルの「グラゼニ」とは、「グラウンドにはゼニが埋まっている」の意味で、お…

  8. 宮崎駿の漫画版『風の谷のナウシカ』に感じる疑問。

     先日、新宿の漫画喫茶の一室に友人たちとこもって漫画を読みあさって来たのですが、その際、『風の谷のナウシカ』の話になりました。 いうまでもなく戦後漫画の金字…

  9. 萌えは贅肉の産物? 永野護のファティマはなぜ「萌えない」のか。

     小林立『咲』を第4巻まで読んだ。ぼくは麻雀を知らないので具体的にどういう勝負をしているのかよくわからないのだが、それでも十分におもしろい作品だった。登場人物は…

  10. 嫉妬は成長を阻害する。『GIANT KILLING』に学ぶ自分を高める競争のしかた。

     いやあ、『GIANT KILLING』おもしろいですねー。今週号の『モーニング』ではとうとう椿大介が代表デビューしました。 好不調の並が激しい天才肌のプレ…

PAGE TOP