cayenne

  1. マンガ

    『グラゼニ』感想。「才能をお金に変える努力は正しい。」

     プロ野球漫画『グラゼニ』でメジャーリーグが視野に入って来ました。面白いです。 タイトルの「グラゼニ」とは、「グラウンドにはゼニが埋まっている」の意味で、お…

  2. アニメ

    永野護、宮崎駿、虚淵玄の世界を比較鑑賞する。

     宮崎駿はどこまでも純粋に「少年の夢」を追いかけつづけるクリエイターだ。 少年の夢とは、たとえば世界の救済、囚われの少女を塔から救い出すこと、あるいは空を翔…

  3. マンガ

    宮崎駿の漫画版『風の谷のナウシカ』に感じる疑問。

     先日、新宿の漫画喫茶の一室に友人たちとこもって漫画を読みあさって来たのですが、その際、『風の谷のナウシカ』の話になりました。 いうまでもなく戦後漫画の金字…

  4. 小説

    虚淵玄『Fate/zero』を熱く語る。血と暗黒のスペクタクル。

    「……指針って?」「まずは世界を半周だ。西へ、ひたすら西へ。通りがかった国はすべて陥としていく。そうやってマケドニアに凱旋し、故国の皆に余の復活を祝賀させる。…

  5. マンガ

    萌えは贅肉の産物? 永野護のファティマはなぜ「萌えない」のか。

     小林立『咲』を第4巻まで読んだ。ぼくは麻雀を知らないので具体的にどういう勝負をしているのかよくわからないのだが、それでも十分におもしろい作品だった。登場人物は…

  6. マンガ

    嫉妬は成長を阻害する。『GIANT KILLING』に学ぶ自分を高める競争のしかた。

     いやあ、『GIANT KILLING』おもしろいですねー。今週号の『モーニング』ではとうとう椿大介が代表デビューしました。 好不調の並が激しい天才肌のプレ…

  7. 小説

    『池袋ウエストゲートパーク 反自殺クラブ』感想。

    真に重大な哲学的問題はひとつしかない―それは自殺である。人生に意味があるか否かという決断こそが哲学の根本問題に対する回答となる。その他のことはすべて二次的な問題…

  8. マンガ

    『カルバニア物語』第9巻感想。「タニアとコンラッドの小さな恋」。

    「そもそもあなたはどうして私を…!? 私みたいな女なんていくらでもいるでしょうに 一体どうしてわざわざこんなめんどくさい立場の私を…!?」「あ…!? あなた…

PAGE TOP