アニメ

『魔法少女リリカルなのは Detonation』は混沌とした定食屋アニメだ!

ふらっとうちに『スーパーマリオパーティ』をやりに来たてれびんに誘われて、映画『魔法少女リリカルなのは Detonation』を観て来ました。

ちなみにぼくは『魔法少女リリカルなのは』シリーズを見るのは初めて。この映画、前後編の前編にあたるのですが、その前編すら見ていません。正真正銘の初なのはです。

このシリーズ、14年にわたって続いているので、当然、「いままでの作品を観ていないと理解できないのでは? ぽかーんとしているうちに終わってしまうのでは?」と思うところですが、てれびんの野郎が「大丈夫、大丈夫、最初に「これまでのあらすじ」みたいなやつをやるから、それでわかるよ」とのたまったので、「そうかなー」と思いつつもいっしょに観てみることにしました。

で、たしかにありました、「これまでのあらすじ」。あったのですが――こんなものでわかるかー! さっぱり何のことだか理解できないぞ!

いや、失礼、思わず感情が激高してしまいました。しかし、ぼくが昂るのも無理はないと思っていただきたい。いくら「これまでのあらすじ」がインサートされても、あたりまえのことですが、十数年に及ぶシリーズの内容を数十秒で理解できるはずがないのです。

そもそも「なのは」とか「フェイト」とかいう名前にはかろうじて聞き憶えがあるものの、ほかのキャラクターはまったく見ず知らずの方々だし。

とにかくわからない、わからない。いったい何がどうなっているのかさっぱりとしか言いようがない。開始から1時間くらいは「ぽかーん」としつつ、これは終わったらてれびんを殴るしかないと考えていました。

しかし、ぼくも伊達にオタクンフーを積んで来てはいません、偉いもので、ずっと観ているとだんだんストーリーが飲み込めてくるのですね。

なぜ小学生くらいの女の子たちが『ドラゴンボール』みたいな戦闘を繰りひろげているのか?という根源的な謎だけは解明しようがありませんでしたが、それ以外のところはだいたい呑み込めました。

で、いったん呑み込めてしまうとだんだん面白くなってくる。おそらく映画の完成度、クオリティを問うならひどい出来としか言いようがない映画だと思うのですが、何もかもが過剰で、ごてごてしていて、ある種、昭和的な面白さがある。

昔の『ジャンプ』マンガと美少女戦士ものを掛け合わせたようというか。あらゆるものが「やりすぎ」で、バトルに至ってはもう、「これ、魔法少女ものだよね?」という次元になっています。

この作品を観たあと、帰宅してからAmazonプライムでシリーズ最初の映画を観てみたのだけれど、いったいここから何をどうしたらああなってしまうのか見当がつきませんでした。

シリーズを長々と続けていくと、だんだんとひずみが溜まっていって、混沌とした映画ができあがってしまうということは予想がつくのですが、それにしてもなあ。

特に主人公であるなのはさんのあまりの強さには笑うしかありません。いったいこの子、何なの? 天才なの? サイヤ人なの? その両方を兼ね備えているとか?

たぶん、そこらのスーパーサイヤ人とも互角の戦闘を繰りひろげられると思います。もう魔法少女ものの主人公とはいえないんじゃないかな。何かべつの存在だよ、確実に。

で、たぶん感動的なのであろうと思われるエピソードがそこにわんさか詰め込まれているもので、カオスな上にもカオスになっていくのですね。いや、面白いよ。面白いけれどさあ。もっとこう全体の完成度とか、そういうものを考慮して作ってほしいですね。

ただ、最近、『リズと青い鳥』とか『若おかみは小学生!』みたいな、高度で上品なアニメーションばかり観ていたので、このごった煮感覚はなつかしく楽しい気もします。

昭和のエンターテインメントですよね。とにかく面白いと思われる要素を片っ端からぶち込んで、どうにかまとめあげるという。

何だかわけがわからない一方で、たしかにエンタメ濃度は特濃。いまの洗練された多くのアニメ映画とはまた一風違った楽しさがある、かもしれません。

で、ラストは何だかこのシーン、『サイボーグ009』で観たことがある!みたいな感じでしたが、これも感動的といえなくもないような気がします。

さらに最後の最後でなのはさんが抱えていた苦しみがあきらかになるのですが、うーん、これ、ほんとうなのかな? あとから最初の映画を観た限りでは、こんな設定、影も形も見あたらないのだけれど。後付けだよねえ。まあ良いけれどさ。

SFあり、バトルあり、百合あり、泣かせあり、魔法少女あり、その他色々ありという定食屋の料理みたいな一作。こういうものが好きな人なら楽しめるはずだと思うので、意外とオススメだったりするかもしれません。わりとゲテモノに近いものはありますが。

それにしても、山寺宏一は巧いですね。職人芸的な声優スキルを聴かせていただきました。素晴らしい。

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明のオリジナル幻想と奈須きのこの偽物論。
  2. 相田裕の青春恋愛群像劇『1518! イチゴ―イチハチ!』レビュー。
  3. 『若おかみは小学生!』微ネタバレありレビュー。
  4. 「オタクモドキ」と「似非フェミ」の絶滅戦争を解きほぐす。
  5. Vtuberの自我はVtuberのものです! フェミニストのものではありません!…

関連記事

  1. アニメ

    永野護、宮崎駿、虚淵玄の世界を比較鑑賞する。

     宮崎駿はどこまでも純粋に「少年の夢」を追いかけつづけるクリエイターだ…

  2. アニメ

    水上悟志原作のアニメ『プラネット・ウィズ』がSFで面白い!

     水上悟志が原作をゼロから書き上げたことで(一部で)話題になった『プラ…

  3. アニメ

    『響け! ユーフォニアム』で「あずにゃん問題」を再考する。

     今季の新作アニメを粛々と消化しています。 今季の目玉はやはり『ア…

  4. アニメ

    『若おかみは小学生!』微ネタバレありレビュー。

     ネットでやたらに評価が高い(が、興行収入は振るわない)映画『若おかみ…

  5. アニメ

    アニメ『響け! ユーフォニアム』感想。「時代を映す鏡」。

     ペトロニウスさんが『響け! ユーフォニアム』の記事を上げていますね。…

  6. アニメ

    『プラネット・ウィズ』第11話ネタバレ感想「愛の進化とは?」。

     アニメ『プラネット・ウィズ』を第11話まで見終わった。次回は最終回だ…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP