未分類

フェミニストとオタクは永遠の宿敵なのか?

 近頃はもうほとんど使用していないが、それでもたまにTwitterを眺めることがある。そうすると、必ずといっていいほど何らかの論争が展開しているところを見つける。

 「論争」とはいささか上品すぎる表現で、じっさいには「口喧嘩」ならぬ「文字喧嘩」といいたいようなありさまであることがほとんどだ。

 そのなかでもぼくのタイムラインで目立つのは、「フェミニズム」と「表現の自由」を巡るやり取りだ。

 表現の自由を重視する人間を「表現の自由戦士」と呼び、ののしるフェミニストは数多い。で、その表現の自由を尊ぶ側でもそのフェミニストのことを口汚くののしっていたりする。

 そのどちらが正しいかはともかく、そういう光景を見るたびに実にうんざりする。ぼくは自分が気に入らない考えを罵倒することを本気で正義だと信じ込める単純な性格がたいそう嫌いだ。

 まあ、ここでそういう人を罵倒すれば、ぼくも同じ類の人間になってしまうわけだが……。

 たしかに、自分と反対の考え方の人間を適当に決めつけてののしれば、非常に楽になれることは事実だ。それはいわば複雑に絡み合った糸をはさみで断ち切るような行為である。

 しかし、現実には社会はそのように単純にできてはいない。だから、そうやって複雑な問題を一刀両断に断ち切ることは何かしら犠牲をともなう。

 フェミニストであれ、あるいはオタクであれ、それがわかっている人はあくまで慎重に議論を進めようとするが、なかなかそういう人は少ないのかもしれない。人は楽なほうに流れるのだ。

 そもそも、フェミニストとオタクはべつに運命の宿敵ではないはずである。それがなぜかくだらない対立と対決をくり返すのは、フェミニズムや表現の自由という思想や概念をはき違えているせいだとしか思えない。

 特にフェミニズムという思想をまるで理解していないように見える自称フェミニストは目立つ。

 ぼくはべつにその自称フェミニストの方々がいう「表現の自由戦士」に味方するつもりはないが、従来のフェミニズムとまるで正反対のことをいっている「フェミニスト」を見ていると、これもまたうんざりする。

 人は自分の考えを正しいと信じなければ何も語れなくはあるだろう。

 しかし、まさにそうであるからこそ、それを絶対正義のように盲信するのではなく、つねに対立する考え方と照らし合わせてチェックする作業が必要になってくるはずだ。

 それができない人間は、最後には独善と狂信という迷路にはまり込んでいく。

 もちろん、そんな作業は面倒だから、ネットで安全なところから人を批判して悦に入るという快楽にはまり込むことは無理がないことではある。

 だが、いったんそうなった言論は、もはや言論としての価値をもたない。そういうことを叫んで回るようになると、言論人としてはもうおしまいである。とはいえ、そういう人に限って声が大きいのが現実なんだよね……。

 正義という名の酒はいかにも甘い。また、アルコール度数も高く、すぐに酔いが回る。あいつはエロオタクだとか、こいつはフェミナチだとか、そういう品のないことを平気でいえる人間は、その酒に酔いしれているのだろう。

 そのときはたしかに気持ちいいかもしれないが、それは言論のダークサイドだ。一度、そこに落ちてしまったら最後、這い上がることは容易ではない。

 なぜなら、這い上がることなくダークサイドにひたっていたほうがよほど楽だし、気持ちいいからだ。主観的には天国である。ただ、客観的にはただ下品なひとりよがりに過ぎない。

 繰り返す。オタクなり「表現の自由戦士」とフェミニストは本来、べつだん、対立する立場にない。

 個別の局面において、個人同士が対立することは当然あるだろう。しかし、それはあくまで個人と個人の意見が対立しているに過ぎないのであって、オタク文化とフェミニズムに原理的に対立する要因があるということではない。

 もちろん、オタクのなかにはフェミニズムを憎んでやまない人もいるし、逆にフェミニストのなかにはオタク文化を嫌悪しつづける人もいるが、それはべつだん、特別な思想的バックボーンがあるわけではない。

 単なる個人的な嫌悪に過ぎないものを、あたかも重厚な思想が背景にあるように思い込んでいるだけである。

 あるいは、「オタク」にしろ、「フェミニズム」にしろ、すでに経年劣化して、現状を表し切れない概念になっているのかもしれない。

 特に「オタク」という言葉は、たぶんもうそう寿命が長くないだろう。あきらかにその言葉で状況を表し切れる時代は去ろうとしている。

 「オタク」対「フェミニズム」という図式は、じっさいには各思想のいちばん古びて時代に置いていかれようとしている突端が争いあっているに過ぎないのだ。

 ばかげたことである。とはいえ、ネットでくり広げられる争いはほとんどがそういうばかげたものなのだが。

 インターネットの夜明けは遠いぜよ。

ピックアップ記事

  1. 十年に一度の一冊。『嫌われる勇気』は人生を変えてしまう本だ。
  2. ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。
  3. 相田裕の青春恋愛群像劇『1518! イチゴ―イチハチ!』レビュー。
  4. 正義か、差別か。児童性愛者の人権を認めるべきか考える。
  5. 庵野秀明のオリジナル幻想と奈須きのこの偽物論。

関連記事

  1. 未分類

    あなたは岡田斗司夫を道徳的な「仲間」とみなしますか?

     いま、岡田斗司夫さんの『僕らの新しい道徳』という本を読んでいます。「…

  2. 未分類

    日常系ラブコメマンガを読み耽る幸せ。

     おとといから電子書籍書店のブックウォーカーがセールちうだったので、マ…

  3. 未分類

    岩明均『寄生獣』で考える。「人間とは何か?」

     『寄生獣 セイの格率』が最終回を迎えました。 いくらかアレンジさ…

  4. 未分類

    『百合のリアル』。

     ふと何となく思い立ったので、きょうからこの「Something Or…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP