アニメ

『劇場版 響け!ユーフォニアム』はテレビ版を凌ぐ熱さ。

 喩えるならば情熱の赤。

 『劇場版 響け!ユーフォニアム』は、登場人物ひとりひとりが放つパッションの炎で赤々と燃え上がるような映画だった。

 いままで数々の傑作を生み出してき京都アニメーションが制作した劇場映画は、みごと新時代を切り拓く名作として完成を見た。

 限られた尺でありながら、テレビシリーズにまさるとも劣らない、否、大きく凌ぎすらする感動で見る者の心を打つ。

 青春映画の新しいマスターピースといっていいだろう。

 ぼくは暗い劇場の座席で心震わせながら、ひとり思った。

 いっしょうけんめいに生きるということは、なんと美しいのだろう。そして、なんと強くひとを揺り動かすのだろうか。

 これが、これこそが物語の力なのだ。素晴らしい。実に素晴らしい。見に行ってほんとうによかった。

 テレビシリーズを再編集してまとめあげた総集編でありながら、一本の映画作品として過不足なくできあがっている。

 見に行くべきか迷っている向きはぜひ行ってみることをお奨めする。後悔はさせない。

 これは現代を代表する青春映画の豊潤な果実だ。

 物語は、主人公・黄前久美子が中学生の頃から始まる。

 吹奏楽部だった久美子は、コンクールで金賞を取りながら全国大会出場を逃してしまう。

 予想以上とも思える結果を喜ぶ久美子。しかし、彼女のとなりでは高坂麗奈が悔しさを噛みしめて泣いていた。

 そんな麗奈に対し、久美子は「ほんとうに全国大会へ行けると思っていたの?」と声をかけてしまう。

 彼女には理解できなかったのだ。落涙するほどに悔しがるということが。

 そして高校入学。久美子と麗奈は同じ高校に進学し、やはり吹奏楽部に入る。

 新たに部の顧問を務めることになった滝昇によって、彼女たちは猛練習をすることになるのだが――。

 これは泣くほどの悔しさを知らなかったひとりの少女が、それを手に入れるまでの物語だ。

 ひとは、ほんとうに真剣に努力することなしには悔しさを知ることがない。

 心の底から悔しがるためには、自分の限界まで頑張り抜く必要がある。

 だから、久美子はそれまで悔しさを覚えることがなかった。

 中途半端な結果にも満足することができた。

 しかし、滝によって導かれ、鍛え上げられ、限界を超えていくことを知った久美子は、もう、半端に妥協することはできない。

 あるいは、知らないほうが楽だったかもしれない。目覚めないでいれば泣くこともなかったかもしれない。

 だが、彼女は知ってしまった。ほんとうにいっしょうけんめいに生きることの意味を。

 そして、一度知ったならもう引き返せない。自分のなかに眠っていた炎が爛々と燃え上がる。

 ひとり、街を走りながら久美子は叫ぶのだ。「うまくなりたい、うまくなりたい、うまくなりたい」。

 それまでの彼女なら飼い慣らせていた内なる獣は、いまや自由に闊歩し咆哮し慟哭する。「うまくなりたい!」。

 それまでは生ぬるく生きてきた久美子がひとりの音楽者として覚醒した瞬間だ。

 はたしていち学生がこのように部活動でしかない音楽に力をつぎ込むことが正しいのか、否か、議論があるところかもしれない。

 じっさい、ぼくもテレビシリーズを見ていた頃は「これでいいのだろうか?」と思うこともあった。

 しかし、この劇場映画に至って、京都アニメーションは圧倒的演出力で些細な疑問をねじ伏せる。

 ここにあるものは、ほかの何ものでもない「特別」になることを目ざして懸命な努力を続ける少女たちの姿だ。

 その努力を白々と眺めるのなら、あるいはそれは滑稽にすら見えるかもしれない。

 だが、そもそも真剣な努力とはどこか滑稽なものだ。それを笑う者はその次元に留まる。

 ひとにあざ笑われることすらあるというリスクを冒して、どこまでも真剣になった者だけが完全に燃焼し切ることを知るというリターンを得るのだ。

 笑いたい者は笑わせておくといい。白けていたい者たちは放置せよ。

 ひっきょう、真に勇気ある者だけが人生の充実を知る。

 そしてまた、本作を印象的なものにしているのは、少女たちの友情と交感だ。

 限りなく繊細に「愛の告白」をくり返す久美子と麗奈のやり取りは、ほとんど「百合」的ですらある。

 いや、百合アニメとして見ても過去最高水準の作品だろう。

 デリケートきわまりない少女たちの心の触れ合いを、京都アニメーションは最高の作画技術で魅せてくれる。

 保証しよう。テレビシリーズでその点に注目していた人なら確実に見る価値のある映像に仕上がっている。

 過去の「京アニ」の作品群は、その抜群のクオリティによってテレビアニメの水準を一段階上げて来た印象がある。

 『ユーフォニアム』もまた、抜きんでたクオリティのアニメーションだった。

 それが、劇場映画として再編集されるにあたり、さらに手が加えられ、実に隙のない作品に仕上げられている。

 物語と音楽の相乗効果が熱い興奮と感動をもたらす豊饒な二時間。

 文句なしに面白い映画だ。万難を排して鑑賞してみることをお奨めする。

 テレビシリーズ第二期が、いまから楽しみでならないぼくなのである。

ピックアップ記事

  1. 相田裕の青春恋愛群像劇『1518! イチゴ―イチハチ!』レビュー。
  2. 「オタクモドキ」と「似非フェミ」の絶滅戦争を解きほぐす。
  3. キズナアイはNHKにふさわしくない? 性差別か服装の自由か。
  4. 追悼タニス・リー。バビロニアの女神の名をもつ天才作家。
  5. ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。

関連記事

  1. アニメ

    『若おかみは小学生!』微ネタバレありレビュー。

     ネットでやたらに評価が高い(が、興行収入は振るわない)映画『若おかみ…

  2. アニメ

    『響け! ユーフォニアム』で「あずにゃん問題」を再考する。

     今季の新作アニメを粛々と消化しています。 今季の目玉はやはり『ア…

  3. アニメ

    水上悟志原作のアニメ『プラネット・ウィズ』がSFで面白い!

     水上悟志が原作をゼロから書き上げたことで(一部で)話題になった『プラ…

  4. アニメ

    『プラネット・ウィズ』第11話ネタバレ感想「愛の進化とは?」。

     アニメ『プラネット・ウィズ』を第11話まで見終わった。次回は最終回だ…

  5. アニメ

    『魔法少女リリカルなのは Detonation』は混沌とした定食屋アニメだ!

    ふらっとうちに『スーパーマリオパーティ』をやりに来たてれびんに誘われて…

  6. アニメ

    永野護、宮崎駿、虚淵玄の世界を比較鑑賞する。

     宮崎駿はどこまでも純粋に「少年の夢」を追いかけつづけるクリエイターだ…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP