マンガ

タスクオーナ『Fate/stay night』、背徳の桜ルートが始まる。

 タスクオーナ『Fate/stay night (Heaven’s Feel) 』最新刊読了。

 既に発売から十数年を経るロングヒットコンテンツ『Fate』の第三ルート、漫画版です。

 『Fate』は2004年の発表以来、さまざまな形でメディア展開して来たわけですが、『HF』はいままで触れられて来ませんでした。

 この作品は満を持しての初漫画化というわけです。

 また、『HF』は2017年に映画化も決定しているので、ほぼ同時に映像と漫画で同じ物語が展開することになりますね。

 映画も楽しみですが、まずは漫画の話。

 結論から書くと、とてもよくできている作品だと思います。

 『HF』は正義の味方を目ざす少年・衛宮士郎と、かれを慕う少女・間桐桜の物語であるわけですが、『Fate』全編でも最も昏く淫靡な話なので、なかなか漫画にはしづらいところがあります。

 しかし、作者はこの漫画版で可能なかぎり深いところまで描くことにチャレンジするつもりのようです。その覚悟やよし。

 ちなみに、この第2巻まではまだ「共通ルート」の話で、いままでの『Fate』と同じ展開をたどっています。

 セイバーの召喚とか、ランサーとの死闘といったところですね。

 新しい物語が始まるのは次の巻から。だから、次巻がとても楽しみです。

 ところどころ挟まれるオリジナルエピソードは『Fate』や『Fate/Zero』を意識した内容で、作者の原作への愛情を感じさせます。

 この漫画版は読者が本編の物語を知っていることを前提として構築されているといっていいでしょう。

 その意味では新味はないわけですが、作者がこの『Fate』第三の物語をどう料理して来るかという興味は尽きません。楽しみ楽しみ。

 『HF』は『Fate』の三つのルートのなかで最も賛否が分かれる物語です。

 ぼくは大好きなのですが、嫌いな人は嫌いらしい。

 その理由は、それまでふたつのルートでどこまでも正義を貫こうとしてきた士郎が道を捨てるためでもあるだろうし、第三のヒロイン・桜のいちずではあるもののいびつな性格のためでもあるでしょう。

 『HF』では前章『Unlimited Blade Works』の少年漫画的に熱いストーリーとは異なり、デカダンでエロティック、破滅的な物語が続きます。

 それが合わない人は合わないのだと思う。

 ぼくとしては、どうせエロゲというメディアで展開するからには、これくらいアダルトな物語のほうが面白いと思うのですが……。

 いずれにしろ、淫らに爛れた物語は、しかし最後には『Fate』らしく大団円を迎えます。

 もし『Fate』は知っているけれど『HF』についてはくわしくないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ、この漫画を読んでみてください。

 いままでの『Fate』とは一風異なるお話が楽しめると思います。

 それはいままでの『Fate』の陰にひそんでいた物語です。

 『Zero』から直接に続く、ダークで陰惨、悪魔的精神の持ち主たちがうごめくシナリオ。

 お好みに合うかどうかはわかりませんが、『Fate』はこの第三のルートをもって初めて完結するのです。

 いや、ほんとうは第四の物語「イリヤルート」が構想されていたという話もあるのですが、それはいまさらいっても詮ないことですからね。

 それにしても、同じ初期条件からまったく異なる三つのいずれも傑作といえるレベルの物語を構想し描き抜いてみせた奈須きのこさんの作劇力はやはりただ者ではないものがありますね。

 ひとつだけでも素晴らしいものが、三つもあり、しかもそれぞれが微妙に重なり合い、関係しあっているというこの構造は、凡手のよくするところではありません。

 だから、『月姫』リメイクまだーなどと、わがままなことをいってはいけないのです。いや、ほんとに。

 さて、ついに動き出した士郎と桜のエピソード。いままでにも増して酷烈なこの物語が、完結にたどり着くまで何巻かかるでしょうか。

 まず10巻では終わらないでしょう。15巻でも無理かも。

 どうであれぼくは最後まで付き合うことにしたいと思います。

 背徳と頽廃の桜ルートは、まさにこれから始まるのです。

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明のオリジナル幻想と奈須きのこの偽物論。
  2. 永野護、宮崎駿、虚淵玄の世界を比較鑑賞する。
  3. 正義か、差別か。児童性愛者の人権を認めるべきか考える。
  4. 相田裕の青春恋愛群像劇『1518! イチゴ―イチハチ!』レビュー。
  5. 『若おかみは小学生!』微ネタバレありレビュー。

関連記事

  1. マンガ

    竹本泉は天才だ! 猫好き必読の『ねこめ(~わく)』を読もう。

     竹本泉『ねこめ(~わく)』を3冊ほど続けて読みました。 このシリ…

  2. マンガ

    相田裕の青春恋愛群像劇『1518! イチゴ―イチハチ!』レビュー。

    【多彩なキャラクターが演じる青春群像劇】「俺は考えてたんだ… …

  3. マンガ

    『グラゼニ』感想。「才能をお金に変える努力は正しい。」

     プロ野球漫画『グラゼニ』でメジャーリーグが視野に入って来ました。面白…

  4. マンガ

    城平京&片瀬茶柴『虚構推理』に傑作の予感。

     城平京&片瀬茶柴『虚構推理』の最新刊を読みました。 「恋愛×伝奇…

  5. マンガ

    仲谷鳰『やがて君になる』に、百合が百合を超える可能性を見る。

    『電撃大王』連載の百合マンガ『やがて君になる』待望の第6巻です。…

  6. マンガ

    萌えは贅肉の産物? 永野護のファティマはなぜ「萌えない」のか。

     小林立『咲』を第4巻まで読んだ。ぼくは麻雀を知らないので具体的にどう…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP