ゲーム

PS4『ドラゴンクエストビルダーズ』レビュー。

 告白します。

 プレイステーション4の『ドラゴンクエストビルダーズ』を購入して10時間くらいぶっつづけでプレイしていました。

 真夜中に始めて、気づいたら朝になっていた。

 いやはや、こいつは面白い。こんなに集中してゲームをプレイするのはひさしぶり。

 やっぱり『ドラクエ』は、というか国産ゲームはいいなあ、と思うのです。

 『アサシンクリードシンジケート』とか、めちゃくちゃ面白いけれど放り出しちゃっているものなあ。

 どうもぼくはやはり海外ゲーより国産ゲーのほうに惹かれるたちのようです。

 まあ、しかたないよね、日本人だもの。海外のリアリズムを追求するゲームはそれはそれで面白いんですけれどね。

 さて、『ドラクエビルダーズ』の話。

 いやー、素晴らしい出来です。ここしばらく、ゲームを買ってはちょっと遊んで放り出すということをくり返していたんだけれど、これはクリアできるんじゃないか。

 ただ、かなりボリュームはある模様。10時間やってもまだ第一章が終わっていませんからね。

 ストーリー的にもまだ序盤っぽいし、さて、無事、竜王を倒すところまで行けるかどうか、ちょっと心配でないこともない。

 ただ、今回は相当ストーリーが魅力的なのでたぶん確実に先へ進められると思う。

 物語は、竜王の「世界の半分をお前にやろう」という言葉に勇者がうなずいて、世界が闇に閉ざされたその数百年後から始まります。

 人類の文明は実質的に崩壊していて、ラダトームやリムルダールといったアレフガルドを代表する町々も崩れ去ってしまっています。

 主人公はそんな状況下で生まれた「ビルダー」の少年(もしくは少女。ぼくは少年でプレイしている)。

 人類から失われたはずの「ものを作り出す」という能力を持つこの少年は、大地の精霊ルビスに導かれるまま、その力を使って崩れ去った町を再建し、人々を集めようと画策する。

 しかし、当然、その行為は魔物たちに目をつけられ――と話は進んで行きます。

 ついに『ドラクエ』もパラレルワールドものに突入か、となかなか感慨深い。

 何しろたよりの勇者もなく、王国も潰え、人類文明は風前のともしびという状況なので、ただならぬ悲壮感が――いやそこは『ドラクエ』なので特にただよわないけれど、いままでにない世界設定でなかなか面白い。

 物語の背景には「なぜ勇者は人類を裏切ったのか?」という大きな謎が存在するようですが、はたしてこれはきちんと答えが出るのか、どうか、注目ですね。

 もちろん、ゲームシステム自体も非常に面白いです。

 よく『マインクラフト』に喩えられるシステムなのですが、ぼくは『マインクラフト』をやっていないのでどのくらい似ているのかわかりません。

 まあ、ひと言でいうと、ブロックでできた世界を武器で壊してアイテムを入手、建物や家具を作り出して町を再興していく、という流れになります。

 ぼくはほかのゲームと比較してどうこう、というのはあまり意味がないと思いますね。

 で、これがまあ、さすがは『ドラクエ』シリーズといったゲームバランスでできていてやめ時を見つけるのがむずかしい。

 話が進むほどにブロックで壊せるものも増えていき、入手できるアイテムも多彩になっていくので、ついついもう少しもう少しと進めてしまう。

 結果としてぼくは夜中から朝まで遊んでしまったわけですが、いやー、やっぱり『ドラクエ』はほんとうに面白いですねー。

 『11』にも期待したいところです。システム自体が時代遅れになっちゃっている感があるのでどうするのか心配ではあるけれども。

 一方で、まあ、欠点はあります。

 視点移動には癖があって、慣れるまで使いこなすのがむずかしい。

 あと、ブロックを適切な箇所に置こうとすると意外にずれてしまったりして多少いらつかないこともない。

 しかし、それは細かいところです。Amazonでも賛否が入り乱れているけれど、ぼくとしてはあまり細かいところを気にしない方向で遊んでいきたいと思う。

 いったいぼくたちはいつからゲームに対し完璧を要求するようになってしまったのだろうと思うのですよ。

 いまの視点で見れば、過去の名作といわれるゲームも完璧には程遠い仕上がりであったはず。

 でも、ぼくたちの世代はそれを平気で楽しんで、バグすらも「裏技」と呼んで楽しんでいたのです。

 それがどうでしょう。いまとなってはその精神は失われ、ちょっとでもバランスが崩れていたり、システムに瑕疵があったりすると批判が集中する。

 これは良くないことなのではないかと考えます。もっとおおらかにゲームを楽しみたいものです。

 『ドラクエ』にしても、初期作品は非常にシビアなゲームバランスでしたしね。

 さて、そういうわけで、ぼくは『ドラクエビルダーズ』の続きに戻ります。

 こんなに夢中になってゲームをプレイするのはいつ以来かと思うくらいなので、ぼくとしては会心の一作といえます。素晴らしい。

 プレイステーション4を買った甲斐があったなあ。

 いや、PS3やPSVITAでもプレイできることは知っていますが、まあ、いいじゃないか、グラフィックはきれいだもの。

ピックアップ記事

  1. 『魔法少女リリカルなのは Detonation』は混沌とした定食屋アニメだ!
  2. Vtuberの自我はVtuberのものです! フェミニストのものではありません!…
  3. 「オタクモドキ」と「似非フェミ」の絶滅戦争を解きほぐす。
  4. 永野護、宮崎駿、虚淵玄の世界を比較鑑賞する。
  5. ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。

関連記事

  1. ゲーム

    『ドラゴンクエスト』的想像力とSEKAI NO OWARI。

     ペトロニウスさんが最新記事でSEKAI NO OWARIを取り上げて…

  2. ゲーム

    ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。

     「狐の王国」の「萌え絵はポルノではなく、人間への回帰なのである」とい…

  3. ゲーム

    クラーク・アシュトン・スミス以来のダークファンタジーの血脈。

     いまさらながら『ダークソウル3』が面白いです。やたら複雑な操作がある…

  4. ゲーム

    メタエロゲの傑作『らくえん』を語る。

    あらすじ■ ある日突然運命と出逢う。イケメンじゃなくて天才じゃない…

  5. ゲーム

    Keyの名作ゲーム『AIR』の感動は何だったんだろう?

     海燕です。どうも最近、このブログの内容は記事ごとに細切れにして話すに…

  6. ゲーム

    30年近くたったいま、初代『ドラクエ』をプレイしてみると?

     iPad miniで初代『ドラゴンクエスト』をプレイちう。 一度…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP