熱論再び! 『幸せになる勇気』があなたを啓発する。

 日本と韓国の双方でミリオンセラーを記録した名著『嫌われる勇気』の続編『幸せになる勇気』を読みました。

 前作はぼくにとって十年に一度ともいうべき傑作だったわけですが、それに続く本作の出来はどうか?

 よくあるベストセラーの二番煎じに過ぎないのか? ありふれた商業主義の果実でしかないのでは?

 否、否、否。本作も前作に引き続いてきわめて刺激的な議論が続き、まさに「勇気の二部作」完結編の風格を示しています。

 というより、前作と合わせて二冊で一冊の作品と考えたほうがいいでしょう。

 前作を読んで消化不良だった人も、本作を読む価値はあります。

 なぜなら、この本では『嫌われる勇気』を読んだひとが疑問に思うかもしれないところが逐一解説されているからです。

 前作で友情を誓って別れた「青年」と「哲人」はこの本で再開し、再び議論を開始します。

 はたして目くるめくロジックのたどり着くところはどこなのか? 前作を味わえた人なら本書も楽しめること間違いなしです。

 そもそも『嫌われる勇気』には、日本ではもうひとつ知名度が低いアドラー心理学の入門書という側面がありました。

 時代に100年先んじているという「自己啓発の源流・アドラーの教え」を、アドラー研究者である「哲人」とかれの思想に疑問を抱く「青年」の対決という形で描くという卓抜なアイディアは、いま考えても素晴らしい。

 結果としてはアドラーの常識を超越した思想を伝えるためにこれ以上の形式はなかったといっていいでしょう。

 「結果としては」と書くのは、いままでの出版の常識ではこのような形式は想定されていないから。

 小説でもなく、物語でも、実録でもなく、「対話篇」ともいうべきこの独特のスタイルは、一切の出版上の思い込みを排したところで生まれたのだと思います。まさにアドラーの思想そのもののように。

 それでは、『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』全二冊を通じて語られたアドラーの教えとはどんなものなのか。

 それは「心理学」と名付けられているものの、ギリシャ哲学の正嫡ともいうべき剛健な思想です。

 常識を疑い、あたりまえのことに逆らうきわめてオリジナリティの高い考え方。

 世界的にはフロイトやユングと並び称されているというアドラーの哲学は、『嫌われる勇気』のなかできわめて明快に解説されていました。

 ひとは他者から嫌われる勇気を持つことによって自立することができるということ。

 自分と他人の「課題」は分離しなければならないということ。

 そして、人間は過去のトラウマに縛られるような弱い存在ではないということ。

 いずれも現代の一般知識からすれば非常識ともいうべき発想です。

 しかし、それらすべては「哲人」その人によってとてもわかりやすく解説されたのでした。

 そして、「哲人」を論破するべくかれの家を訪れた「青年」も納得して去って行ったのです。

 ところが、『幸せになる勇気』では一転、「人々はアドラー心理学を誤解している」という話が出て来ます。

 アドラー心理学ほど誤解されやすい思想はないのだと。

 「青年」は「アドラー心理学は崇高な理想ではあるにしても、現実には通用しない」という確信を抱いて「哲人」の家を再来します。

 そこから再開される丁々発止のやり取りは、前回の議論に対するクエスチョン&アンサーそのものです。

 「青年」は再び鋭く問い、「哲人」はいつものように沈着に答えます。

 「愛」の意味とは? 「人生の黄金時代」である幼少期を過ぎたあと採るべきライフスタイルとは何なのか?

 常識はまたも揺るがされ、「あたりまえ」は瞬く間に崩壊していきます。

 なんというスリル! しかし、すべては強固なロジックに支えられているのです。最高。

 『嫌われる勇気』は日本でベストセラーになったほか、韓国、台湾でも大きな支持受けているそうです。

 これらのアジアの先進国が共通する悩みを抱えていて、そしてこの本がそれに応えるものになっている証明でしょう。

 そしてそれに続く『幸せになる勇気』は「そうはいっても、アドラーの考え方は現実には有効ではないのでは? 机上の空論以上のものではないのではないか?」という疑問に答えていきます。

 「哲人」の言葉に一度は納得したはずの「青年」は再び巨大な疑問を「哲人」に突き付けるのです。

 しかし、今回も「哲人」は揺るぎません。「青年」の言葉のパンチを右に左に交わしながら、前回以上に明快にアドラーの深遠な理想を語っていきます。

 それにしても、そこで明かされる教えのなんときびしいことでしょう。凡人がアドラーの教えを実践することは簡単ではないといわざるをえません。

 ただ、アドラーの教えはすべての人に開かれていることもたしかで、それはだれもがいまからでも変わることができる希望を示しています。

 ニヒリズムに抗い、どこまでも自分の道を行くために必要なもの、それは「勇気」です。

 ひとに嫌われることを気に留めない勇気と、幸せになることを怖れない勇気。

 その気概を手にしたとき、人生は劇的に変わってくるに違いありません。

 オススメの本です。前作と合わせてぜひどうぞ。

 新しい世界が開かれるかもしれませんよ。

ピックアップ記事

  1. 『若おかみは小学生!』微ネタバレありレビュー。
  2. 「オタクモドキ」と「似非フェミ」の絶滅戦争を解きほぐす。
  3. 相田裕の青春恋愛群像劇『1518! イチゴ―イチハチ!』レビュー。
  4. ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。
  5. 『魔法少女リリカルなのは Detonation』は混沌とした定食屋アニメだ!

関連記事

  1. アドラー心理学の教典・岸見一郎『アドラーをじっくり読む』感想。

     岸見一郎『アドラーをじっくり読む』を読んでいます。 岸見さんはい…

  2. 十年に一度の一冊。『嫌われる勇気』は人生を変えてしまう本だ。

     岸見一郎、古賀史健『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』…

  3. キズナアイとちびくろサンボは「差別的なステレオタイプ」なのか。

    【『ちびくろサンボ』という傑作絵本】 『ちびくろサンボ』という…

  4. マンガ

    ドラマ『幸色のワンルーム』放送の是非をめぐるやり取り。

     以下の文章は、LINEで海燕とてれびんがドラマ『幸色のワンルーム…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP