小説

北村薫作品に学ぶ。騙されても、裏切られても、傷つけられても。

 「幸せ」のことを考えている。

 幸せになるとはどういうことか、そして、幸せでありつづけたいならどういうことをすればいいのか。

 答えは明瞭ではありえないが、幸せになるためにはいくばくかの勇気と、そして素直さが必要であるという考えは揺るがない。

 勇気については、すでに語った。素直さとはどういうことか。

 つまり、自分が幸せになりたいと思っていると素直に認めることが大切だと思うのだ。

 そうでなければ、幸せになるためにはああすればいい、こうすればいいと教示されたところで、皮肉にほほ笑んでこう呟くばかりだろう。「そんなことで幸せになれるなら苦労はしないさ」。

 しかし、幸福とはどこか遠くにあるものとは限らない、心のありようひとつでいかようにも変われるものなのだ。

 それなのに「自分は決して幸せになれない」と考える人は、むしろ「不幸である自分」に何かしらの価値を見いだしている可能性がある。

 そうやって、素直になれない限り、幸せに手が届くはずもない。ひとは光の差すほうへ歩いて行くべきなのだ。

 と、こう書いていて思い出されるのは、北村薫の小説『朝霧』に出て来るこんなセリフだ。

「いいかい、君、好きになるなら、一流の人物を好きになりなさい。──それから、これは、いかにも爺さんらしいいい方かもしれんが、本当にいいものはね、やはり太陽の方を向いているんだと思うよ」

 「本当にいいものは太陽の方を向いている」。

 十数年前、初めてこの小説を読んだときは「ほんとうにそうだろうか」と疑問に感じたものだが、いまならいくらかはわかるように思う。

 「本当にいいもの」には、無明の闇のなかでなお光を目ざすような向日性がある。

 それは決してただ明るい光が燦々と照らすなかで生まれ育っているということではない。

 むしろ、絶望の闇のなかでこそ、それでも光を目ざすことができるかどうかが試されるのだ。

 たしかに、闇や悪や狂気といったものの深遠な魅力にくらべ、光には素朴なところしかないようにも思える。

 しかし、そうではない、光の道の奥深さは、それを歩いてみて初めてわかるもの、ナウシカもいっているではないか。「いのちは闇の中のまたたく光だ」と。

 もちろん、よい人生を生きるとは、ただ自分一身が幸福であればいいというものではない。

 ただ快楽的、享楽的なだけでは「ほんとうの幸せ」には足りないのだ。

 そうだとすれば、「よい人生」とはどのようなものだろう。

 それは哲学や文学の領域で、ぼくに容易に答えが出せるものではないが、思えばいままで読んできた小説や漫画の主人公たちも精一杯に「よい人生」を歩もうとしていたように思う。

 光の差すほうへ、少しでも、あかるい方向へ。

 そう願い、望みながら、なかなか闇のなかから出られないのが人間でもあるが、それでも、光の方向へ歩みつづけているかぎり、いつかは「十全な幸福」へたどり着くはずである。

 どんな心境だろう。ぼくには想像することもできない。

 ぼくは自分が不幸だとは思わないが、まだまだ十分に自分を赦せていないようにも思える。

 また、その心境は「いまこそわたしは幸福だ」とはっきりいえるようなものでもないのかもしれない。

 ただ、それでもぼくはあかるいほうへと歩んでいきたいと思う。

 この世は地獄だ。いくつもの理不尽がまかり通り、努力は報われず、誠意は通じない。

 しかし、それでも、そのことは「ぼく自身がどう生きたいか」とはやはりべつなのだろう。

 ぼく自身は、できうるかぎりひとに優しくありたいと思う。そういう生き方にあこがれる。

 たとえ、そんなお人好しなことをいっていたらひとに利用されるばかりだとしても、それはあくまでその人たちの問題であって、ぼくの問題ではない。

 ようやく、いま、そういい切れるようだ。

 小野不由美の『十二国記』で、主人公の陽子がそんなふうなことをいっていた。

 たぶん、それはひとつの真理なのだろう。

 他人がどうであれ、自分がやるべきこととは変わりない。

 たとえほかのだれもが違う道を選ぶのだとしても、自分がその道を選んではいけないということにはならない。

 それはお人好しの性善説「ではない」。

 その視点はこの世に悪があること、だまして利用してやろうと考える者が存在することを無視したりしないからだ。

 むしろ、その視点で見れば、この世はおそろしい裏切りと搾取のゲームがつづく現場である。

 ただ、それでも、なお、ということなのだ。

 この世が闇であるとしても、決してその闇のなかに沈み込んでしまわないという決意こそが大切なのだろう。

 なぜなら、「いのちは闇の中のまたたく光」なのだから。

 太陽のほうを向いて進んでいこう。その先に何があるのかはわからない。しかし、どうやらその道程の一歩一歩が幸福であるらしい。

 苦悩もあるだろう。辛酸を嘗めもするだろう。それでも、目ざすべき方角さえ間違えなければそれでいい。

 歩こう。

ピックアップ記事

  1. 永野護、宮崎駿、虚淵玄の世界を比較鑑賞する。
  2. ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。
  3. 正義か、差別か。児童性愛者の人権を認めるべきか考える。
  4. 『魔法少女リリカルなのは Detonation』は混沌とした定食屋アニメだ!
  5. キズナアイとちびくろサンボは「差別的なステレオタイプ」なのか。

関連記事

  1. 小説

    追悼タニス・リー。バビロニアの女神の名をもつ天才作家。

     タニス・リーが亡くなったそうで、追悼として、以前、『悪魔の薔薇』のレ…

  2. ゲーム

    クラーク・アシュトン・スミス以来のダークファンタジーの血脈。

     いまさらながら『ダークソウル3』が面白いです。やたら複雑な操作がある…

  3. 小説

    むらさきゆきや『14歳とイラストレーター』5巻ネタバレ感想。

    どもです。この頃、すっかり小説を読まなくなってしまいまったのですが、読…

  4. 小説

    ラブコメラノベ最前線、『14歳とイラストレーター』を読む。

     うに。一段と寒さもきびしくなりつつあるきょうこの頃、皆さま、いかがお…

  5. 小説

    ジョージ・R・R・マーティン『氷と炎の歌』に震える。

     川上さんとの対談のなかで、少しジョージ・R・R・マーティン『氷と炎の…

  6. 小説

    石田衣良『池袋ウエストゲートパーク 七つの試練』に時代を見る。

    石田衣良『池袋ウエストゲートパーク(14) 七つの試練』を読み上げまし…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP