未分類

あなたは岡田斗司夫を道徳的な「仲間」とみなしますか?

 いま、岡田斗司夫さんの『僕らの新しい道徳』という本を読んでいます。「道徳」をテーマにした対談集で、この本のなかに『週刊少年ジャンプ』が道徳の記事として良いのではないか、という話が出て来ます。

 たとえば、1980年代の『週刊少年ジャンプ』は「友情・努力・勝利」をテーマにしていましたが、この場合の「友情」は、フランス革命でいうところの「友愛(フラタニティ)」に近い。フランス革命はスローガンとして「自由・平等・友愛」を掲げていたけれど、これはあくまで目的を同じくするメンバー間の友愛であり、平等でした。フランス革命は全人類の平等を訴えたのではなく、共同体に属しているメンバーが平等であって互いに助け合おうと訴えたのです。
 道徳には、有効範囲が設定されています。自分が共感できる仲間の範疇でしか道徳は共有できませんし、時代によっても変化します。1980年代の『週刊少年ジャンプ』読者と、2010年代の読者では、道徳観は違って当然。普遍でも不変でもなく、流行がある。だからこその『週刊少年ジャンプ』です。

 この話は非常に面白い。ここでちょっと余談に走ると、個人的に「努力・友情・勝利」というスローガンから「努力」が抜け落ちて「友情」と「勝利」のみが強調されるようになったのがいまの『週刊少年ジャンプ』なのかな、と思っています。

 仮に「努力」が抜け落ちたところに何か言葉を入れるとしたら「個性」とか「工夫」といった表現が入るのではないでしょうか。これはやっぱり「努力すればそのぶん成功するものだ」という幻想が説得力を失った結果なのではないかと思うわけなのですが、まあそれはいい。

 重要なのは、ここで岡田さんが「道徳には有効範囲がある」として『ONE PIECE』を例に挙げていることです。これはすごくよくわかる話です。

 『ONE PIECE』の主人公である海賊少年ルフィは「仲間」を強調し、仲間のためなら命をも惜しまない姿勢を強調します。

 それが読む者の感動を呼ぶわけですが、一方でルフィは「敵」とみなした人間に対しては容赦しません。徹底的に暴力を振るうことでかれの考える正義を実行します。

 「仲間」とみなした人間には最大の共感を、「敵」とみなした人間には最大の攻撃を。これがルフィの道徳だといっていいのではないでしょうか。

 その態度は物語中ではポジティヴに描かれていますが、一面で独善性を伴うことも否定できない側面があり、だからこそ、『ONE PIECE』は超人気作でありながら賛否両論が分かれるところがあります。

 で、ぼくは『ONE PIECE』の話は裏返すと『HUNTERXHUNTER』の話になると思っています。つまり、ルフィの海賊団の話はそのまま幻影旅団のスライドするわけです。

 幻影旅団もルフィ海賊団と同じ道徳観を備えた集団です。仲間には絶対の忠誠を、敵には究極の無慈悲を。しかし、ルフィの海賊団と比べると、「仲間」と「敵」を明確に分けることのネガティヴな側面が強調されているように思います。

 ルフィが、いくらか身勝手ながらも「正義」に拘っているのに対し、幻影旅団は「仲間の利益」だけしか考えない、そんな印象がある。

 しかし、そのルフィにしても、自分にとって不快な人間の権益を代弁しようとは考えないでしょう。この世の何よりも「仲間」が大切。「仲間」の敵は自分の敵。ルフィはそう考えているように思えます。

 いずれにしろ、「道徳には、有効範囲が設定されてい」る以上、どこかで「仲間」と「それ以外」を区切らなければならない。

 そうなると、当然、それではどこまでを「自分が共感できる仲間の範疇」とみなすかという問題が出て来ます。つまり、どこまでを道徳的に共感できるフラタニティの友と考えるかということ。

 『HUNTERXHUNTER』の作中では、この問いは人間ですらないキメラアントをも「仲間」とみなすか否か、という形できわめて先鋭的に展開することになりますが、ここではもっと現実的な問いを考えてみましょう。

 つまり――「あなたは岡田斗司夫を「仲間」とみなしますか?」と。ぼくがいままでずっと書いて来たことは、あなたにこの問いに答えてもらうためなのです。

 これまで縷々と述べてきたように、岡田斗司夫という人はかなり個性的な人物です。最近は「いいひと戦略」に則ってなのかどうなのか、わりと社会道徳に適合するよう振る舞っているように見えますが、本質的にはあまり道徳を尊重しているようには思えません。

 というか、ぼくは岡田さんは内心では型通りの道徳なんて深く軽蔑しているに違いないと信じているんですけれど、まあ、まず「いいひと」とはいいがたいでしょう。

 そしてまた今回あきらかになったことは、岡田斗司夫という人は女性を人間として尊重せず、ほぼモノ扱いするタイプの人物だということです。

 何人愛人を作ろうと本人の自由ではありますが、それにしても相当共感しづらいパーソナリティというべきでしょう。

 しかし、相当に豊かな才能を持っていることはたしかで、その能力は社会的に有用だといえそうです。

 何といっても、岡田斗司夫がいなければGAINAXもなかったかもしれず、『トップをねらえ!』とか『ふしぎの海のナディア』といった作品もなかったかもしれないわけです。その能力は一定の評価に値します(もっとも、仮に『トップ』や『ナディア』がなかったとしても、ほかの作品が生まれただろうことは間違いありませんが)。

 さて、あなたはそんな岡田斗司夫に共感できますか? 岡田斗司夫を「仲間」だとみなすことができますか? ご一考ください。

 結論から書いてしまうと、「ぼくはできます」。岡田斗司夫さんのような人物もまた、同じ共同体の「仲間」として権利を与えられてしかるべきだと考えます。

 したがって、いま、インターネットで旋風のように巻き起こっている「岡田斗司夫叩き」は、その大部分が不当だと考えます。なぜそこまで悪しざまにいわれなければならないのか疑問です。

 なるほど、今回、新たにあきらかになった岡田さんの素顔は、ある種の人間的情緒が欠落しているように見えるものです。それを「愛」と呼んでもいいかもしれませんが、とにかく大半の人が備えているものを岡田さんは欠いているように見える。

 その意味で岡田さんに対して「道徳的共感」を行うことはむずかしい。極論するなら、岡田斗司夫は「人間」というよりも「怪物」に近いようにすら思えるかもしれない。だから、岡田さんのことは社会から排斥したくなっても当然かもしれません。

 じっさい、そういうふうに考えるから、ネットでは「岡田斗司夫叩き」が進行しているのでしょう。今回、岡田さんをかばおうとしている人はほとんどまったく見あたりません。小林よしのりさんに至っては、かれを「邪神」とまで呼んでいるありさまです。

 しかし、です。ほんとうに皆、岡田斗司夫を無謬な立場から断罪できるほどキレイな人生を歩んできているのでしょうか。一切の悪や頽廃や後ろめたさを知らないとでもいうのでしょうか。

 そうではないでしょう。おそらく、「ぼくたち」は自分のなかに岡田斗司夫的なる一面があることを薄々知っているからこそ、いっそう岡田斗司夫を攻撃したくなるのではないでしょうか?

 岡田さんは(倫理的にはともかく)道徳的には「悪人」ですらあるかもしれません。この社会から追放されてあたりまえだ、少なくともふたたび表舞台に立たせてなるものか、と考える人がいることもわかる。

 けれど、ぼくはそういうふうには考えないのです。なるほど、岡田斗司夫はいかにもアクの強い人物です。その実相は、本人がそう見せようとした自画像とは違って、相当に傲慢で強烈で、「天上天下唯我独尊」的なところがあるようです。

 でも、それが、それこそが面白いとは思いませんか。なるほど、岡田斗司夫は性格的には「いやな奴」かもしれませんが、ぼくはこの社会から「いやな奴」を排斥しようとは思いません。

 右を向いても左を向いても「いいひと」しかいない社会なんて不気味です。時には強烈に歪んだ人格とか、狂ったキャラクターがいてこそ、社会は豊穣たりえる。

 岡田斗司夫は庵野秀明や宮﨑駿や永野護を「ヘン」とみなしたわけですが、岡田斗司夫もまた十分に「ヘン」な人であることは今回、瞭然となりました。

 しかし、ぼくは「ヘン」な人を駆逐しつくした社会になど住みたくありません。仮に岡田斗司夫がぼくなどが自然に思える情緒を欠落させた「怪物」的人間であるにせよ、ぼくはその「怪物」を包摂する社会のほうが面白いと感じます。

 生涯ひとりの女性を愛し、大切にし、彼女と結婚し、子供を作り、子育てをし、死ぬまで連れ添う――といった生き方が悪いとは思いませんが、そんな人生しか赦されない社会は息苦しい。

 時には異常な人物、狂気を抱えた人間をも受け止めるくらいの度量が社会にはあって然るべきでしょう。じっさい、天才と狂人は紙一重でもあるわけですから。

 そこで、ぼくないしぼくたちが考えるべき問題とは、そんな岡田斗司夫をも内包する道徳とは何か、ということだと思います。岡田斗司夫のような逸脱的人物とも共通して掲げることができる道徳とはどんなものか。

 岡田さんも、ほんとうはそういうことを考えたかったのではないかと思うのですけれどね。いまとなってはかれの恋愛理論は「女たらしのいい訳」としか受け取ってもらえないかもしれません。

 とはいえ、いかにして「仲間」と「敵」ないし「仲間以外」を分かつのかという問いは普遍的です。ここでぼくはイケダハヤトさんの「たかが挨拶ぐらい、できなくてもいいんじゃない?」という記事を思い出します。

http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/22924

 タイトル通りの内容なのですが、ぼくはやっぱり「挨拶のひとつもできないようではまずいのではないか」と考えるほうなのです。礼儀は重要だろうと。

 なるほど、たかが挨拶くらいできなくてもいい。たかが礼儀くらい守れなくてもかまわない。そうかもしれない。しかし、それでは礼儀以外の何をして「仲間」と「仲間以外」を分かつのかという問題が出て来ます。

 挨拶とは「わたしはあなたの敵ではありません」という宣言という一面を持つわけであり、挨拶がまともにできない人は敵意を隠し持っているとみなされても仕方ない面があると考えるわけです。

 つまり、挨拶を無意味だとみなすのは良い。しかし、それなら挨拶に代わる何らかの「識別方法」が必要になる、ということです。

 もしかしたら、ほんとうはすべての人間が「仲間」であり、「敵」などいないのだ、と『ヴィンランド・サガ』の主人公のように語るべきなのかもしれません。挨拶をしようがしまいが、みんな「仲間」なのだと。

 しかし、そうはいっても現実的には道徳的共感が及ぶ範囲には限度がある。イケダハヤトさん自身にしても、「ネットで突然失礼なことをいってくるおっさんたち」のことは不快だと考えるわけです。

 だったら、「挨拶ができるかどうか」で線を引くことはそう愚かしい手段ではないのではないか、ということがぼくの考えです。

 なるほど、これだって一種の差別には違いありません。でも、たとえば「内面」やを問題にするよりずっとフェアなやり方です。ただちょっと「おはようございます」と口にすればそれで済むわけですから、「だれにでも心優しく接しろ」とかいうより遥かに容易なことだと思います。

 当然、「だれにとっても容易」とは行かないでしょうが、それはどうしようもないことではないでしょうか?

 ぼくなどはそう思うからネットにおいては「礼」を重視します。最低限の礼儀を守っているひとはだれでも対応する一方、そうでない人は一切相手にしないというのがぼくのルールです。

 そのかわり、その人が相当「いやな奴」に思えようと、礼儀という「形式」さえ守ってくれるなら、一定の対応はします。「礼儀なんてどうでもいい。それより内面が大切だ。主張が重要だ」と考えるような人とは合いませんが、ぼくはこれが合理的なルールだと考えています。

 この姿勢は、最低限の「礼」だけ守ってくれるなら、「怪物」のように見える人物とすら共存するというぼくの意思の表れなのです。

 ぼくが好きな若手エンターテインメント作家の作品は、乙一でも、西尾維新でも、奈須きのこでも、皆、この種のテーマを扱っていますよね。

 となりに住んでいる人は「怪物」かもしれないという状況のなかで、どうやってその「怪物」と共存していくか、あるいは自分のなかの「怪物」性をどう飼い慣らすか、と。

 有限のフラタニティの檻のなかで「怪物」と暮らすこと。それができなければ、しょせんその社会は狭いムラと変わりありません。ぼくはそんな社会に住みたくない。

 岡田斗司夫も我々の共同体の一員だ! ぼくはそう叫びます。仮に「ひとを愛し慈しむ心」なんてものをかけらほども持っていないとしても、どれほど「怪物」的に見えるとしても、かれは人間であり、かれの行動はきわめて人間的です。

 「愛」なんて胡散臭いシロモノを過剰評価するからこそ、それを欠いた人間が非人間的に見えて来るだけのこと。ほんとうは「愛」なんてなくてもひとは生きて行ける。ぼくはそういうふうに考えているのです。

 だって、そのほうが面白いじゃないですか。ねえ?

ピックアップ記事

  1. 永野護、宮崎駿、虚淵玄の世界を比較鑑賞する。
  2. 結局、『ドラゴンボール』の面白さは色あせたのか?
  3. 『魔法少女リリカルなのは Detonation』は混沌とした定食屋アニメだ!
  4. メタエロゲの傑作『らくえん』を語る。
  5. ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。

関連記事

  1. 未分類

    『百合のリアル』。

     ふと何となく思い立ったので、きょうからこの「Something Or…

  2. 未分類

    岩明均『寄生獣』で考える。「人間とは何か?」

     『寄生獣 セイの格率』が最終回を迎えました。 いくらかアレンジさ…

  3. 未分類

    日常系ラブコメマンガを読み耽る幸せ。

     おとといから電子書籍書店のブックウォーカーがセールちうだったので、マ…

  4. 未分類

    フェミニストとオタクは永遠の宿敵なのか?

     近頃はもうほとんど使用していないが、それでもたまにTwitterを眺…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP