十年に一度の一冊。『嫌われる勇気』は人生を変えてしまう本だ。

 岸見一郎、古賀史健『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』読了。

 書店でこの本を手にとったのは、伊坂幸太郎の帯に惹かれたからだった。曰く、伊坂が小説を書くなかで考えてきたことが、本書のなかにも記されていると。

 興味が湧いて、一読した。感動した。すばらしい。すばらしい。すばらしい。この十年間で読んだ本のなかでも、ベストといえる一冊だ。

 「自己啓発の源流」というサブタイトルから、いくらか胡散臭い内容を想像するひともいるかもしれない。しかし、本書に胡散臭いところはまったくない。どこまでも単純にして明瞭。これ以上なくわかりやすい「自己啓発」の一冊なのだ。

 少なくとも凡庸な自己啓発書を何冊読むよりも、本書一冊を読んだほうが良いだろう。それくらい知的かつ刺激的な一冊である。

 そう云っても、まだ怪しく感じられる人もいるかもしれない。たしかに、本書の内容は世間の常識に反している。たとえば本書は語る。世界はシンプルなところだ。そして人生もまた同じなのだ、と。

 信じられるだろうか? 世界は不条理にして混沌、どこまでも複雑で見通せない。それが「大人の認識」というものだろうに。

 しかし、読み進めていくほどに、その内容にも納得がいくことになる。本書一巻を通して語られているのは「アドラー心理学」「個人心理学」と呼ばれる「哲学」だ。それは場合によってはあなたの人生そのものを変えてしまうほどに激烈な毒を含んでいる。

 毒。そのように掲揚することはいささか心苦しい。じっさい、ぼくはこの本を読むことによって巨大な影響を受けた。いままでの人生で、小説を除けば、これほど影響された本はないと云ってもいいかもしれない。

 だが、それは既存の価値観を崩壊させ、新たな人生へ向かわせるという意味で、やはり、「毒」と形容したいようなものだ。

 本書で語られている「心理学者アドラーの教え」はあまりにも厳しい。一歩間違えれば、すべてを自己責任に帰すだけの単純な精神論にすり替わるような気がしてならない。

 しかし、それでもなお、本書の教えはぼくの心を強く惹きつける。なぜなら、ぼくがいままで個人的に考えてきたことが、さらに明瞭に、さらにわかりやすくそこに綴られているからだ。まさに伊坂のように、ぼくもまたこの本のなかに自分を見たのである。

 地上の真理を会得した「哲人」と、かれを論難しようとする「青年」の対話の形式で本は進んでいく。「哲人」が語るアドラーの教えは劇薬のように苛烈なもので、「すべての人は幸福に生ることができる」と説くものである。

 哲人の、アドラーの教えはこうである。あなたの幸福はあなたが決めて良いのだ、否、あなたが決めるよりほかないのだ、と。あたかも、ひとの幸不幸とはだれも踏み込めないサンクチュアリであるというように。

 幸福は外部の条件によってではなく、ひとの心持ちひとつによって決まる。云ってしまえば、陳腐な理想論と思えるかもしれない。しかし、それは真実なのだとぼくは思う。

 アドラー心理学が学問的にどのように評価されているのかわからないが、それはともかく、ぼくはこの「教え」に実に感銘を受けた。なぜなら、それは常々ぼくが考えてきたことを遥かに洗練させたものにほかならないからだ。

 そうだ、ひとはいつでも幸福になれるし、そうなってかまわないのだ。そのために必要なものは何か? 富か? 名声か? 洗練された容姿か? 否――何もいらない。ただひとつ、「幸福になる勇気」さえあればそれで良い、と「教え」は説く。

 そう、アドラー心理学とは「勇気の心理学」なのだ。ぼく自身、いままで必死に自分を不幸だと思い込もうとしていたのだと思う。幸福になることから逃げ回っていたのだということもできる。

 ある意味で、それはひとつの「人生の嘘」だったのだろう。いま、晴れ晴れとした気もちで思う。ぼくは幸せだ。そして、幸せなままで生きていく、と。

 見わたせば、同じ世界を共有する仲間たちがいる。かれらに祝福あれ。そして、ぼくはあたうかぎり「他者貢献」の道を歩むことだろう。アドラーが云う「共同体感覚」は紛れもなくぼくにある。

 ぼくはひとりではない。幾多のひとの苦悩が、歓喜が、ぼくを支えている。これは以前、二冊の同人誌に書いたことでもあるが、いままたあらためて新たな実感をもってそう思うのだ。

 もう、幸せから目を逸らすことはやめよう。そして自分の存在を、この弱く、愚かしく、醜く、何の価値もないように思われる存在を受容しよう。

 「行為の次元」では何ひとつなしえなかったとしても、「存在の次元」では、ぼくもまた無限の価値を持つ個人である。

 むろん、いつかまた、この悟りも消え去り、迷いのなかに立ち止まるに違いない。しかし、「導きの星」はいま天上にあり、ぼくの往くべき道を指し示している。そちらへ進むのだ。光さす道を。

 超オススメの一冊である。あなたも読めば人生が変わるかもしれない。ぜひぜひ、読んでみてください。すばらしいのです。

ピックアップ記事

  1. 「オタクモドキ」と「似非フェミ」の絶滅戦争を解きほぐす。
  2. メタエロゲの傑作『らくえん』を語る。
  3. ポルノなのか? ドラマなのか? 萌え絵のパラドックス。
  4. 追悼タニス・リー。バビロニアの女神の名をもつ天才作家。
  5. 正義か、差別か。児童性愛者の人権を認めるべきか考える。

関連記事

  1. マンガ

    ドラマ『幸色のワンルーム』放送の是非をめぐるやり取り。

     以下の文章は、LINEで海燕とてれびんがドラマ『幸色のワンルーム…

  2. キズナアイとちびくろサンボは「差別的なステレオタイプ」なのか。

    【『ちびくろサンボ』という傑作絵本】 『ちびくろサンボ』という…

  3. アドラー心理学の教典・岸見一郎『アドラーをじっくり読む』感想。

     岸見一郎『アドラーをじっくり読む』を読んでいます。 岸見さんはい…

  4. 熱論再び! 『幸せになる勇気』があなたを啓発する。

     日本と韓国の双方でミリオンセラーを記録した名著『嫌われる勇気』の続編…

おすすめ記事

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP